1. ホーム
  2. ≫過払い金のグレーゾン金利について

過払い金のグレーゾン金利について

最近、テレビのCMや電車の中吊りなどで「過払い金請求」という言葉を
目にする機会が多くないですか?

弁護士さんとか司法書士さんって、ちょっと前では普段の生活の中で
ほとんど接点がないであろうと思われていましたよね?

でも、過払い金請求では、この「法務事務所」が役に立つのです。

さて、そもそも「過払い金請求」ってなんなのかご存知でしょうか?

実は言葉は知っているけど、具体的にどんなことなのかを知らない人も多いと思います。

というワケで「過払い金請求」についてご説明します。

「過払い金請求」とはアイフルやアコムやプロミスといった消費者金融者へ返済する際に
法律の上限以上の利息金を支払った場合に返してもらうこと手続きのこと言います。

過払い請求とは?

「余分にお金を払ったんだから、今度はこっちに返してよね!」

グレーゾーンな金利の存在

「え?余分に金利を払うって言っても、金利って法律で決まってるんだから
その範囲内で貸してるワケだから、余分に払うってありえないんじゃないの?」
と疑問に思われた人もいるかと思います。

その答えは「その通りです、でも違うんです」ということになります。
いささかややこしいので、順を追って説明しましょう。

消費者金融は出資法という法律に則って運営されています。

金利は利息制限法で15%〜20%と定められています。
そして出資法での上限金利が平成22年6月18日に20%を上限と定められました。

しかしそれ以前の出資法での上限金利は29.2%でした。

グレーゾーン金利

そして利息制限法は20%を上限としていますが、出資法の29.2%を越えなければ
罰則が無かったのです。
(出資法を破ると事業停止にしってしまうので、消費者金融業者もここは守るのです)
消費者金融業者は罰則が無いのをイイことに出資法上限の29.2%までの金利で
貸付を行っていたのです。

グレーゾーン金利

この利息制限法の上限20%を超えて出資法での上限29.2%までの金利差の
9.2%をグレーゾーン金利と呼んでいます。

過払い金請求は当然の権利なのです!

このように「過払い金請求」とは余計に払ってしまったグレーゾーン金利のお金を
取り返すことなのです。

まぁ、グレーゾーン金利が発生してしまったのも、そもそもが出資法と利息制限法
の上限金利に整合が無かったのが原因なので、カッコ良くいうと
「法の目をかいくぐった営業」ということですが、そもそもがザル法なので、
くぐり易かったのですね。

「え?だってもう返しちゃったよ。今さら請求ができるないでしょ?」

と思われるかもしれませんが、なんと過払い金請求は完済後でも請求ができるのです!
もしアイフルやアコムやプロミスといったサラ金やクレジット会社からお金を
借りた経験がある人は、「過払い金請求」にチャレンジしてみる価値があります。

完済後の過払い金

さぁ、面倒だと思わずに「過払い金請求」をしてみませんか?
100万円以上のお金が戻ってきた人も多くいます。

シェアをお願いします。


借金減額・過払い金診断

5つの質問に答えるだけの借金問題解決シュミレーター

いきなり、法律事務所に相談するのが、イヤな方が匿名で「借金問題」の診断できるツールです。
誰にもバレずに診断できます。

  1. 診断無料(匿名OK)
  2. 診断結果も完全無料(対応まで無料)
  3. 全ての借金問題の解決率80%の無料診断シュミレーター
  4. 現在返済中で多重債務の方も助かる方法を教えてもらえます。
実名・住所は不要です。完全無料の借金問題解決シュミレーターです。