1. ホーム
  2. ≫個人信用情報を調べる

個人信用情報を調べる

個人信用情報とは、いわゆるお金に関しての信用情報の事です。例えば、友達にお金を貸して、返ってくる人と、中々返してくれない人、全く返してくれない人もいます。

お金

そんな人を判断する基準として、お金に対しての信用がある人、ない人の情報をデーターで共有しています。

例えば、最近話題のスマホ料金の未払いが続いた方が、個人信用情報に「事故」と記載されて、携帯の乗り換えや再契約ができなかったり、新規でカードが作れなくなったりしています。

個人信用情報は「事故」と扱いされると、いわゆる「ブラックリスト」になりますので、注意が必要です。

これから住宅ローンを通す方や、過去に過払い金請求や債務整理をした方は、個人信用情報を調べる事をされた方が良いです

個人信用情報を自分で調べる事もできます。

個人信用情報は自分で調べる事もできますし、プロ(行政書士)に依頼する事もできます。債務整理や料金滞納をした場合に、新規にローンやクレジット審査が通らないことがある場合は、ブラックリストに載った可能性があります。

  • JICC(株式会社 日本信用情報機構)
  • CIC(株式会社 シーアイーシ)
  • JBA(一般社団法人 全国銀行協会 全国銀行個人信用情報センター)

自分でやる場合(自分の信用情報を調べる)

JICC CIC JBA
情報機関 サラ金、一部クレジット クレジット、サラ金、携帯滞納 銀行,信用金庫
手数料(PC, 郵送) 1000円 1000円 1000円
インターネット開示
ふつう
スマホのみ
とても良い
PC,スマホ、携帯も対応
ダメ
郵送開示
 
良い
良い
 
良い
窓口開示
良い
手数料500円
良い
手数料500円
ダメ
公式HP JICC CIC JBA

もし、何かの手違いでブラックリストに載ったのであれば、信用情報機関に申し立てて、取り消してもらうことは不可能ではありませんが、これが、なかなか大変です。

何しろお金に関わる個人情報満載ですから、かなり厳重に本人確認されます。また手違いであることを証明しなくてはなりませんので、アナタをブラックリストに登録したサラ金業者やカード会社に修正依頼をしてもらう必要があります。

個人信用情報を専門家に依頼する事もできます。

信用情報は本当に修正されているのか気になる場合は、信用情報開示の専門家に依頼した方が良いです。

  • 過払い請求したことがある方
  • 借金を完済した方
  • 債務整理をしたことのある方
  • 住宅ローンやカードの借入審査に落ちた方

上記の方は、迷わず信用情報開示の専門家に相談です。

生活のほぼ全てにかかわる信用情報ですが、サラ金やクレジット会社が申請したユーザーの情報を情報機関が載せるだけであり、情報の登録や抹消についてユーザーには一切連絡はありません。

その為、借りていた際にどのような信用情報を載せらているかは、開示してみるまで分かりません。

このようなシステムの為、万が一貸金業者が誤った情報を掲載したとしても信用情報を開示しなければ気付く事すら出来ず、自分の知らない間に自分の信用が傷ついてしまっているこがあります。

過払い金クエスチョン

自分でやってみるの良いですが、本当に気になる方は信用情報開示の専門家に任せた方が良いです。

アヴァンス行政書士法人 信用情報開示プロモーション

ブラックリストについて詳しく書いてます。

参考記事過払い請求するとブラックリストに載るの?

完全無料借金相談シュミレーター

5つの質問に答えるだけの借金問題解決シュミレーター

いきなり、法律事務所に相談するのが、イヤな方が匿名で「借金問題」の診断できるツールです。
誰にもバレずに診断できます。

  1. 診断無料(匿名OK)
  2. 診断結果も完全無料(対応まで無料)
  3. 全ての借金問題の解決率80%の無料診断シュミレーター
  4. 現在返済中で多重債務の方も助かる方法を教えてもらえます。
実名・住所は不要です。完全無料の借金問題解決シュミレーターです。
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.